成功しているママ起業家はみんな明確!起業の目的のお話

darts-target-bull-s-eye-delivering-37604

おはようございます。
ママ起業専門税理士のあさかわひろきです。

今日のテーマは、起業の目的についてのお話です。

私がママ起業セッションをする際、必ず聞く質問があります。
それは、
「起業した目的は、なんでしょうか?」
です。

この質問、すぐに答えられそうで、いざ言葉にしようとすると、「???」となってしまう方が、結構多いです。

答えられない主な理由は、
・今まで言葉にして説明する機会がなかった
・よく考えたら、目的は決めてなかった
などがあります。

実際、ママ起業を決めた方は、エステサロンや事務代行サービス等、具体的にやりたい事は決まっています。
ところが、その具体的にやりたい事を、他の会社への転職・就職でなく、なぜリスクをとってまで起業・フリーランスという道を選んだのか、その目的が明確になっていない方が、結構多いです。

今日は、起業の目的を明確にする重要性をしっかりと認識して、みなさんの起業の目的を整理してみましょう!

1. ママ起業の目的を明確にするワケとは

ママ起業の目的を、わざわざ明確にした方が絶対によい理由とは、いったい何でしょうか?

① 苦しい時に踏ん張れるエネルギーとなるため

起業してフリーランスになると、必ずといっていいほど、集客不足、資金繰りの悪化、人間関係の失敗等、超えなければならない壁が、皆さんの前に立ちはだかります。

この時、起業の目的が明確でないと、わざわざ苦しい想いをして起業を続けようという踏ん張りがききません。起業は辞めて、早く楽になりたいという選択を、安易にしてしまいます。

起業の目的が明確であれば、苦しい時ほど、目的を達成するための踏ん張る気持ちが出てきて、それがエネルギーとなるのです。

② 家族の理解を得るため

ママ起業の場合、旦那さんやお子さんなどの、家族の協力があった方がいいですよね。
その際、「〇〇をしたい」というだけでなく、その想い(起業の目的)を話して、家族で共有する方が、家族からの協力は抜群に得やすくなります。

③ 限られた経営資源(お金、時間)を有効的に使うため

起業した時に、お金や時間などの経営資源が十分な人は、ほとんどいません。
しかも、そんな苦しい状況の中、先に起業して頑張っているライバル達とガチンコで戦っていかなければなりません。

これらのライバル達に勝つためには、限られた経営資源を有効的に使う必要があります。
この時、起業の目的が明確であれば、経営資源を使う方針がはっきりします。

例えば、「家族の時間を大切にするため、日中のみ出張サロンを開く」というママ起業家がいたとします。この方の起業の目的は、「日中以外は家族の時間をしっかり作りたい」です。なので、サロンのターゲット層は、夕方以降でなく日中に時間が空いている女性がターゲットになります。そうなると、そのようなターゲット層(例えばオフィスレディでなく主婦層)に絞って広告をかければよいので、最初から広告費などを有効に使えることになります。

2. 起業の目的のカテゴリー

「起業の目的」と言われても、ピンとこない方も多いと思います。
そこで、参考までに、「起業の目的」としてよく挙がるカテゴリーをいくつか紹介します。

① 趣味

趣味の延長として、仕事になるケースです。仕事=趣味なので、仕事ができる事だけで楽しいですね。

② お金

お金を得ることが、目的となるケースです。お金をどう定義するかという話は、これまた深ーい話なのですが、起業する(仕事にする)以上、多かれ少なかれ、お金を得るという目的はあるかと思います。

③ 承認

誰かの役に立つことで、自分を認めてもらうために起業するケースです。
心理学の世界では、承認欲求という言葉があります。承認欲求には、①他人から認められたいという欲求と、②その状況を自分自身が認めたい(満足しているか)という欲求があります。

一見、わがままに聞こえますが、これは人が必ずもっている自然な感情です。もちろん、人によって、多すぎる少なすぎるという問題はあります。

④ 学習

仕事を通じて学ぶために起業するケースです。人は、「知りたい」という欲求が強い生き物です。学ぶ手段として、仕事にしてしまう方もいます。

⑤ 家族

家族との幸せを実現するために起業するケースです。子供と接する時間を作りたい等、家族との幸せな形を実現させるのに、会社勤めだとそれが実現できない場合があります。その際、1つの選択肢として、起業する方もいます。

 

以上に挙げたものは、あくまで事例にすぎません。これ以外にも、色々あると思います。
また、起業の目的は1つとは限りません。たとえば、「家族」が60%、「お金」が40%ということもあります。

起業の目的の考え方は、「【後編】夢は持つな!?タモリ語録から学ぶ、ママ起業の極意とは」も参考にしてみてください。

3. まとめ

いかがでしたでしょうか?

起業の目的は、なかなか言葉にする機会がないので、そのままふわふわした状態で、起業してしまい勝ちです。しかし、非常に重要なことですので、これを機に明確にしておきましょう。

そうは言っても、最初に一人で考えるのは、なかなか難しい場合もあります。

ママ起業サポでは、個別に、あなたの起業の目的を一緒に考えていきます。ご興味のある方はこちらまで!

今なら!体験セッションが無料で受けられる!!

ママ起業サポ専属の起業家専門税理士による、経営・税務・会計記帳について全体を学べる体験セッションを「初回無料」でご提供しています。 セッションは東京23区内なら無料!遠隔地でもskypeであれば無料で受けられます。

LINEで最新情報を配信中!

LINEで友達になると、最新の経営・税務・会計記帳ノウハウなど、起業に必要な情報をいちはやく受け取ることができます。

友だち追加数