健康保険証がない!ママ起業家が知っておくべき、健康保険のお話

pexels-photo-305568

おはようございます。
ママ起業専門税理士のあさかわひろきです。

今日のテーマは、社会保険の1つ、健康保険です。

会社勤めだった方が、退職してフリーランスになった際、会社から「健康保険証を返してください」と言われます。

ケガなどして病院に行った時には、必ず健康保険証を提示していたかと思います。しかし、返却してしまったら、今後どうしたら良いのでしょうか

実は、誰も教えてくれません!

そこで、今回はフリーランスになって健康保険証を取り上げられても困らないように、健康保険の基本的な理解と、フリーランスになった時の対応について、お話しします。

確定申告の全てがわかる『開業初年度の確定申告で個人事業主が知っておきたい全知識』公開中!

1. 健康保険とは

健康保険とは、医療保険の1つです。

医療保険とは、病気やケガで病院に行ったとき、医療費の全部ないし一部を負担してくれる保険制度です。

健康保険に加入していれば、病院に行って実際に窓口で払っている金額は、医療費総額の2割ないし3割で済みます。

2. 医療保険の種類

医療保険には、大きく分けて、2種類あります。
公的な医療保険と、民間の医療保険です。

公的な医療保険

国が管轄している医療保険です。
健康保険国民健康保険等があります。日本の国民であれば、全員加入する義務があります。

民間の医療保険

民間の生命保険会社などが販売している保険商品です。
当然、民間の会社が販売しているだけなので、加入するかどうかは自由です。

3. 公的な医療保険の種類

このように、医療保険には公的な医療保険と民間の医療保険があります。

当然、気になるのは、加入義務がある公的な医療保険の方ですね。そこで、公的な医療保険について、もう少し掘り下げて説明します。

公的な医療保険には、主に健康保険国民健康保険があります。
どんな形にしろ、いずれかの公的な医療保険には加入しないといけませんので、それぞれ、中身を見ていきましょう。

健康保険

いわゆる会社勤めの方が加入する保険制度です。
最大の特徴は、保険料のざっくり半分を会社が負担してくれます。
その意味では、会社勤めの人は、優遇されていますね。

国民健康保険

自営業や無職の方が加入する保険制度です。
こちらは、全額自己負担となります。

4. フリーランスの医療保険の選択肢

フリーランスになっても、何かしらの公的な医療保険に加入しなければならないことは、わかったと思います。

それでは、具体的にどのように検討すれば良いのでしょうか。

皆さんの状況やニーズによって答えは異なりますが、典型的なママ起業をしてフリーランスになった場合の、医療保険の選択肢についてをお話します。

①扶養に入る⇒他の家族の健康保険に加入

本人にとって、一番負担が少ないのが、この誰かの扶養に入るという選択です。
例えば、旦那さんやご両親が会社などの健康保険に既に加入していて、その扶養に入ることができれば、実質負担なしで健康保険に加入することができます。

ただし、だれもが扶養になれるわけではありません。
扶養になれる主な条件は、人の要件収入の要件をクリアする必要があります。

人の要件

扶養されるあなたが、既に健康保険に加入している方の以下にいずれかに該当する必要があります。

  • 配偶者
  • 子、孫および兄弟姉妹
  • 直系尊属(父母、祖父母など)

上記は、同居・別居にかかわりません。しかし、既に健康保険に加入している方と同居している場合は、もう少し範囲が広がります
詳細は以下のサイト等を参考にしてみてください。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-02.html

収入の要件

扶養されるあなたが、以下の収入の条件をすべてクリアしている必要があります。

  • 年間収入が130万円未満であること
  • 同居の場合、収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満
    別居の場合、収入が扶養者(被保険者)からの仕送り額未満

なお、ここでいう年間収入とは、その年の収入ではありません。扶養になった日以降の年間の見込み収入額のことです。つまり、扶養になる前の過去の収入は関係ありません。扶養になった後の1年間の見込み収入額で判断します。

②任意継続⇒前の会社の健康保険に加入

冒頭で、会社を辞めると、健康保険証を返さなければならないとお話しました。
会社を辞める以上、その会社の健康保険からは、原則、脱退しなければなりません。
ところが、一定の条件を満せば、しばらくの間、前の会社の保険組合に引き続き加入することができます

これが、任意継続です。

ただし、会社を辞めているので、今までのような、会社が負担してくれる分はありません。全額自己負担となります。

加入条件と加入期間

任意継続
加入条件
  • 2ヶ月以上、その会社の社会保険に加入していたこと
  • 退職後、20日以内に申請すること
加入期間
  • 2年間、任意継続を適用することができます。

ポイントは、退職後20日以内に申請しないと、任意継続に加入できません。退職してから、あまり時間はありませんので、退職後20日以内に、しっかり検討しましょう。

任意継続は必ず有利?

さて、任意継続ですが、加入条件が揃えば、必ず有利かというと、そうではありません。その人の状況によっては、国民健康保険の方が、有利だったりもします
この点は、後で説明します。

③国民健康保険⇒国民健康保険に加入する

今までお話してきた選択肢に該当しなければ、残されたものは国民健康保険となります。


5. 任意継続と国民健康保険。どっちが、有利?

任意継続と国民健康保険。
果たして、どっちが有利なのでしょうか
まずは、気になる特徴から見ていきましょう。

制度の特徴

保険制度 任意継続 国民健康保険
保険料の算定ベース 退職時の給料金額
(標準報酬月額)
昨年の給料金額
加入単位 世帯 加入人数

ポイントは、任意継続が直近の給料で決まりますが、国民健康保険は昨年の給料で決まります。なので、「今年、給料が大幅に上がった!」なんていう人は、任意継続の方が保険料が高くなるかもしれません。

また、加入単位は、任意継続は世帯ですが、国民健康保険は加入人数です。つまり、家族がいる場合、任意継続の場合は3人家族でも4人家族でも1世帯で計算しますが、国民健康保険は家族の人数が多ければその分、保険料も高くなります。家族が多い場合、国民健康保険の方が保険料が高くなるかもしれません。

シミュレーション

文章だけですとピンとこないと思いますので、事例でシミュレーションしてみましょう。

東京在住の35歳で、給料は月300,000円(年間3,600,000円)。
この方が独身(1人)の場合と、家族持ち(3人)の場合とで、任意継続と国民健康保険の年間金額の違いは、以下のとおりです。

家族構成 1人(本人) 3人(父、母、子)
任意継続 332,976円 332,976円
国民健康保険 239,043円 338,043円

任意継続は、世帯で計算しますので、1人でも3人でも、金額は変わりません。しかし、国民健康保険は、加入人数で計算しますので、家族の人数が多いと保険料も増えてますね。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか?
健康保険1つでも、これだけ選択肢があります。

フリーランスになった際、扶養に入るか、任意継続で行くか、それとも国民健康保険なのか、しっかり判断しておきましょう!

ママ起業サポでは、ここではお話できない、あなたにあった健康保険のポイントも学べますので、ご興味のある方はこちらまで!



今なら!体験セッションが無料で受けられる!!

ママ起業サポ専属の起業家専門税理士による、経営・税務・会計記帳について全体を学べる体験セッションを「初回無料」でご提供しています。 セッションは東京23区内なら無料!遠隔地でもskypeであれば無料で受けられます。

LINEで最新情報を配信中!

LINEで友達になると、最新の経営・税務・会計記帳ノウハウなど、起業に必要な情報をいちはやく受け取ることができます。

友だち追加数